ちばてつや賞
個性豊かな才能が大集結!! ヤンマガ最高峰の新人賞!!
ちばてつや先生総評
ちばてつや先生
どの作品を大賞にしても良いと思うくらいレベルが高く、意欲的な才能あふれる選考でした。皆それぞれ個性あり、しっかりしたテーマもありで、今後が楽しみな異才新人ばかりです。編集部には、未来の漫画界を担う若い芽を大事に誉め、励まし、大樹に育ててくださることを願います。
大賞 賞金100万円+ヤンマガ奨学金60万円
『行き届いた会話』
江口侑輝 26歳 東京都
ストーリー
近い未来、技術特異点に到達した時代に、とあるチャットアプリが話題になっている。そのアプリは、人工知能が過去の会話履歴を学習し、あたかも本人かのように会話してしまうというもの。たった一人の親友を事故で失った園子は、アプリを使って死んだ親友との会話を続けようと試みる――。
ちば先生の選評
令和7年、近未来の「シンギュラリティ」にはこんな時代が来る……いや、もうすでに我々人類は人工知能に振り回されているのではないか?という作者のメッセージがひし、と伝わってくる。キャラクターも演出も全てにおいて洗練されて完璧だが、作品そのものもひょっとしてこれが人工知能で描かれたのでは……と感じさせる、ちょっと機械的で不気味な部分もあって面白い。
2020年11月21日(土)発売 ヤングマガジン52号掲載!
優秀新人賞 賞金50万円+ヤンマガ奨学金60万円
『わたしのかみさま』
オガワサラ 25歳 福岡県
ストーリー
特に何の目標もなく生きてきた女、ゆうに初めて生き甲斐ができた。それは推しのアイドルを応援すること。推しに貢ぐために風俗で大金を稼ぐゆうだったが、ある日出勤すると高級ホテルで待っていたのは推し本人だった。神様にも等しき存在を目の前にして、ゆうはどうなってしまうのか……!?
ちば先生の選評
こういう事はよくあるんだろうなあ……と思える話を作者は十分に咀嚼して自分の世界にしている。お互いが神様であったという出会いも良いし推しが1PでどUPの演出も上手いね。ラストの「自分の幸せを探しに」というところは本当に幸せになってくれよ!!と心から応援したくなる、読後感も良い作品でした。
準優秀新人賞 賞金30万円
『しきじさんスイッチ』
系山囧(けいやまけい) 22歳 埼玉県
ストーリー
高校生の夏休み直前、大月は片想い相手の敷地さんを花火大会に誘おうとしていた。しかし敷地さんが花火大会に誘ったのは大月の親友である太洋。失恋の辛さに途方に暮れていた大月は、ひょんなことから敷地さんと入れ替わってしまう!2人が入れ替わったままの三角関係、こんがらがった恋模様はどうなっていく――?
ちば先生の選評
キャラクターもテーマもいいが、あんなに誠実で優しい主人公「大月」が「敷地」を好きなのに、何故「太洋」が……?これまでのドラマの流れの"定番"を裏切る展開に作者の意欲を感じるし、面白いストーリーだが、男と女、体が入れ替わった時の言動がちょっと不自然だった。ここは読者がハラハラする大事なところなので少し残念。
準優秀新人賞 賞金30万円
『いつか』
織村つづれ 26歳 東京都
ストーリー
八並の幼馴染の一楓は、男だが女にも負けないくらい可愛い。一楓は毎日のようにSNSでライブ配信しているが、視聴者は八並を含めてもいつも一桁。しかしある日同級生がアップした写真が拡散され、一楓は人気者になり、アイドルへの道を歩み始める。成長していく一楓に対し八並は複雑な感情を抱くようになる。
ちば先生の選評
「バズり」「スクショ」「スパム」「垢」など、今どきの新語がたくさん出てきて頭がおかしくなったぞ。でも人物は皆可愛いし、好感が持てる。また、現代のテーマであるジェンダーレス、LGBTの世界を身近に消化して、エンターテインメントとして楽しくハラハラ読ませてくれました。セリフの流れが自然だし、作者のストーリーテラーとしての光る才能を感じるぞ。欲を言えばキャラクター(とくにモブたち)の描き分けを。
準優秀新人賞 賞金30万円
『いかなる時でも』
前野温泉 22歳 愛知県
ストーリー
耕史と千春は長年同棲しているカップル。ある日耕史は千春のプリンを勝手に食べてしまい、その報復として顔面を殴られたことで家を出て行ってしまう。数日後、戻ってきた耕史は何やら隠し事をしている様子。思いもよらないその秘密とは――?
ちば先生の選評
「チンスコウ」に引っ掛けて、おやじギャグの連発マンガ。妙に絵がリアルなので、突拍子もないストーリー展開に戸惑うが、超短気な女の子と大らかな男のキャラクターのバランスが面白く描けている。何としても面白いものを描こうとする作者の姿勢が頼もしい(やや空回りでもあるが)。
  • 佳作+編集長特別賞 賞金20万円+5万円
    『ほなみと康之』
    籾山果音 20歳 神奈川県
    選評
    ヒロインがとても可愛い。若干20歳ながら人を見る力があり、女の子の可愛らしい心情を上手く描けている。楽しんで描いているのは伝わってきたが、読者を楽しませようという心意気が伝わってこなかったので、より読者を意識した話作りを期待。
  • 佳作+編集長特別賞 賞金20万円+5万円
    『ゾミア』
    浅村壮平 25歳 東京都
    選評
    構成力、演出力、そして台詞回し、どれも高レベル。熱く胸躍る展開作りが上手く、これからもスケールの大きい作品に挑戦してほしい。画力は十分とは言えないので、デッサン、構図等含めてレベルアップが必要に感じる。
  • 佳作 賞金20万円
    『ハッピーエンドに殺されたい』
    釘子ヨシカ 20歳 京都府
    選評
    既に作家性を確立しつつある印象を受け、今後が非常に楽しみ。ハイテンションとうっとうしさのギリギリ真ん中を攻めているのが心地よい。本が好きな主人公の気持ちをもっと掘り下げれば、より感動的なラストになったように思う。
  • 佳作 賞金20万円
    『ハレルヤ☆チャンス』
    森田賢吾 25歳 愛知県
    選評
    良い意味でヤンマガらしい作品であり、今後に大きく期待。会話のテンポが良く、キャラクターのハイテンションな掛け合いも楽しい。理解しづらい箇所が散見されたのと、後半部分が長く感じた点が残念。
  • 佳作 賞金20万円
    『青山部長の長く短い夜』
    森田賢吾 25歳 愛知県
    選評
    ヘルスに行きたい部長と空気の読めない部下。二人のやりとりがバカバカしく、哀愁もあり楽しく読めた。デビュー後の姿が見えるくらい堂々とした描きっぷりもよい。ネタと内容に対してページ数が多いので、構成力の強化を。
  • 期待賞 賞金10万円
    『nirvana』
    中西淳 24歳 京都府
    選評
    ストーリー展開に外連味があり、キメのシーンの表情が魅力的だった。話の内容はキャラの内側に寄りすぎていて、アウトローの題材を活かしきれていないように感じた。
  • 期待賞 賞金10万円
    『なりたいからだ』
    檜原フキ 27歳 神奈川県
    選評
    画力が高い。エロシーンに限って言えば既に連載できるレベルだと感じた。ただ、ところどころ主人公の動機を理解できなかったので、心情を描くことにも力を注いでほしい。
  • 期待賞 賞金10万円
    『人間と食べ物って結構似てるね』
    泰国英洙 27歳 東京都
    選評
    クセがなく見やすい絵柄だと感じた。画力が高く、構成もまとまっている。現段階からもう一歩レベルアップするために、ストーリーか設定かキャラなどで、何か一つ武器を見つけてほしい。
  • 期待賞 賞金10万円
    『はじまりのいろ』
    勝美ふうたろー 22歳 京都府
    選評
    会話のテンポが良い。また、温かみのある絵と似顔絵師というテーマが相まって涙を誘う。ただ、一番重要である主人公が変化するきっかけが弱く、話に感情移入しきれなかった。
  • 期待賞 賞金10万円
    『ふたつの遠吠え』
    百田一穂 24歳 東京都
    選評
    人間味あふれる台詞が巧く、絵には一度見たら忘れない強さがあり、印象に残る作品だった。ストーリー展開としては事件が弱く、楽しんでくれる読者をかなり狭めてしまっている。
  • 期待賞 賞金10万円
    『相州貞宗』
    梶本祐希 27歳 大阪府
    選評
    ナレ―ションが長い割りに読みやすく、ところどころでハッタリが利いている。題材に対して取材もしっかりしている。しかし、主人公が超えるべき壁に曖昧さを感じ、乗り切れなかった。
  • 期待賞 賞金10万円
    『幸せ入手方法』
    酒見 21歳 神奈川県
    選評
    全体的にテンポが良く、暗い内容でも読みやすかったのは好印象。ただ、キャラクターも物語も一方通行であり、決められた役割を演じていた感じが強かったのが残念。
  • 期待賞 賞金10万円
    『絶望をありのままに』
    kana 23歳 宮城県
    選評
    虐待される主人公を心身ともに痛々しく描けていて、どん底の苦しみも、そこから救い出される希望もしっかりと伝わってきた。父親が一面的な悪者に感じたので、深みのあるキャラ描写を期待。
  • 期待賞 賞金10万円
    『こだまで泣いた』
    忍×袋(しのび×ぶくろ) 22歳 千葉県 40P
    選評
    絵柄、ストーリー共に可愛らしく、温かい気持ちにさせてくれた。後半は盛り上がりを感じたが前半は冗長な印象を受けたので、不要なところをカットして物語をスリムにする練習を。
  • 期待賞 賞金10万円
    『新宿の母は僕の祖母』
    楠本博之 25歳 東京都
    選評
    ラストの展開に工夫があり、驚かされた。構成は上手いが、あまり入り込むことができなかった。キャラの細かい演技やセリフなど、遊びの部分でも読者を楽しませてほしい。
  • 期待賞 賞金10万円
    『可愛い優子ちゃん』
    斎藤崚河 21歳 東京都
    選評
    絵柄が魅力的で、やろうとしていることも面白いと感じた。ただ、自分が描きたいことに技量が追い付いていないので、演出方法など、多くの作品を吸収して勉強してほしい。